サービスSERVICE

オリジナルの地図を制作 立体的に見える地図の表現方法

地図を立体的に表現する方法として、等高線をもとに高さで色分けする方法や、山の斜面にシェーディング(レリーフ/陰影)をつける方法、鳥瞰図(鳥が空から地上を眺めた時のような立体的な図)化する方法などがあります。 こうした高度な3次元地図も、コンピューター技術の活用により、高精度且つ短期間で作成することができます。

美しい3次元地図

標高データを用いたレリーフ表現

design_3d_1.jpg

design_3d_2.jpg

鳥瞰図

design_3d_3.jpg
白:高速道路 ピンク:国道 緑:鉄道

ページの先頭へ